元司法書士受験者のつぶやき

元司法書士受験者のつぶやき

 私は過去に3回ほど司法書士の試験にトライしました。結果はすべて不合格。まだシス
テム変更前の司法試験制度の頃でしたが、当時は、その司法試験と公認会計士試験となら
ぶ国家試験(法律・経済関係)の3大難関とよばれていたと聞きます。試験合格には、
憲法民法刑法商法に加え、民事訴訟法と刑事訴訟法のすべてに精通して、試験では登記実
務の演習課題が出ました。お探しの半田市の遺言にご相談ください。
 しかも、これが1次試験で、2次試験は法務省の試験官との面接があります(あくまで
も私の受験当時の話です。今はタッチしていません)。なぜか。理由は示されませんでし
たが、試験の難度と司法書士の業務(登記、訴訟書面の作成)から察すると、法務省の地
方機関である法務局との折衝や、俗ないい方をすれば、「顔つなぎ」になれるかどうかが
試されるのだとおもいます。参考までに知多半島の不動産登記はこちらです。

 

 さて、登記は不動産(土地建物)の所有その他の権利(賃貸借、抵当権など)を証明す
る不動産登記と、会社、法人(NPOなどの社団・公益法人、財団法人)の設立、変更、
更新、廃止を明記証明する商業、法人登記におおきくわかれます。不明な点がありましたら半田市の会社登記をご覧下さい。
 どちらも、上に述べた法律をすべてに通じ、それだけでなく、登記実務にかぎっても、
関係判例や政令、省令はすべて知っていなければなりません。
 したがって、まったくの素人が法務局に行って登記の手続きをするのはまず不可能で
す。身元は厳格に審査され、申請書のほか、関係書類(添付書類)をすべてそろえる必
要があります。また、司法書士でないものが登記の代理申請をすることは、法律上禁止
されています。問題が発生しましたら知多半島の会社登記へご利用下さい。
 唯一つ、相続については、相続を受ける人達が共同で申請することが可能のようです。
何度も法務局(登記所)に足を運んで、複雑な手続きをふむ必要がありますが、できな
いことはないようです。わからないことがあしましたら半田市の会社登記へご一報を下さい。